スポンサーサイト

0
    • 2013.01.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    子供の写真の撮り方

    0


      写真をきれいに撮影するためには、3つのポイントがあり、それをきちんと守れば、たいして難しいことはありません。


      きれいな写真を撮るには、良い光をカメラに入れてあげることが不可欠とるのですが、

      その際に、


      ポイント1 レンズ選び

      ポイント2 カメラの設定


      が重要となります。


      レンズの役割とは、おおざっぱに言えば、光をカメラの中に集めることになるので、

      シチュエーションに応じて、適切なレンズを選んで使う必要があります。


      そして、カメラの設定を最適な状態にすることで、取り込んだ光を最大限に生かすことができるのですが、

      この際、オートモードやシーン別モードといった、カメラの「客寄せパンダ」機能を使うのではなく、

      ある設定モードを使い、ほぼ手動で行うことが大切です。


      最後のポイント3は「セオリー通りに撮影する」ことで、「主役」「構図」「光の当て方」の3つさえ、

      基本を押さえておけば、写真の難しい知識や技術がなくても、無難にきれいな仕上がりの写真を撮影することができます。



      あなたも、↓のような悩みがあるかと思いますが、



      撮りたいと思った時にはすでに撮影のタイミングを逃している

      写真を撮るのがだんだんとつまらなくなっている

      写真がうまく撮影できる人が不思議でたまらない

      レンズなど、何をどう購入してよいかわからない




      今までうまく写真が撮れなかったのは、カメラの機能に翻弄されていた可能性も高く、

      あなたのセンスが悪いとか、撮影スキルが身についていないといったことが原因ではありません。




      どういう撮影の仕方をすると、どんな写真が出来上がるのか?という、理屈を理解し、

      カメラの仕組みを活かした撮影方法さえ知ってしまえば、何千枚も撮影して経験値を伸ばすことなく

      ↓のようになることができます。



      ベストなタイミングでシャッターを切れる

      カメラの機能をうまく引き出すことができる

      入門書やインターネットで勉強する必要がなくなる

      キレイに撮影するポイントがはっきりとわかる







      絶好のシャッターチャンスをこれ以上無駄にし続ける前に、撮りたい写真を最高の状態で撮影できるようになるにはこちら








      マスターロトmini
      犬のしつけ
      TripleA



      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      parts
      FX会社に口座を開こう
      • SEOブログパーツ
      selected entries
      categories
      archives
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM